爪水虫の症状や薬や治療の口コミ「靴下を履いて安全靴はくと痒い」

爪水虫を体験された方々の口コミを紹介します。

爪水虫の症状は気づきにくく、気づいた時には家族や友人に移している可能性もあるので要注意です。

M_man06_e男性 56歳 パート社員「靴下を履いて安全靴はくと痒い」

q1どの爪が爪水虫になりましたか?

a1右足の小指

q1どのような症状でしたか?

a1靴下を履いて安全靴はくと痒くて堪りませんでした。

q1おすすめのケア商品や改善方法はありますか?

a1オロナイン、とにかく靴下を何回も履き替えること、なるべく靴を洗濯して清潔な靴おはく事、なるべくサンダル又はゾウリはく事。

q1爪水虫を改善した方法、または改善していないのであれば、その理由を教えてください。

a1改善するまでわい来ませんが、いつもお風呂にはいつたとき、足先までセツケン付けて洗って、いつも清潔にして、いつも乾燥状態を保つて汗かいたらすぐに乾燥して時々靴も履き替える事も大事です。

家にいるときはなるべく素足の方がいいと思います、それでも、なおも悪い場合わ皮膚科の病院に行ってて下さい、一度なったらなかなか水虫菌わしにません。

治療に時間が掛かります、なおも悪くなつたら爪はいで、そのうえ指切断とゆう事もあるそうです、ストレスをためない為脂肪の代謝に欠かせないビタミンで、脂肪太りを防いでくれます。

血液中の余分な脂肪も取り除くので、動脈硬化や心筋梗塞を予防する働きもあります。

ビタミンB?は肌のトラブルや疲れ目、口内炎、疲労回復、肝機能の向上にも有効です。

また納豆には、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維と同じ働きをもつポリグルタミン酸という物質を含み、腸内で吸収されることなく、食物繊維と共同で作用し、便秘の予防・解消に役立ちます。

自宅で爪水虫のケアをしたい人必見!

64a9d45e924d0c9c23c2b0bb9a17802b_s

爪水虫の治療は、皮膚科で見てもらうのが一番だと分かっているけど、内服薬(飲み薬)の副作用などを懸念してなかなか治療を始めれない方が結構いらっしゃいます。

爪水虫は放って置いても自然治癒では治らないので「浸透力の強いジェル」を毎日塗ることから始めるのもおすすめです。2週間で変化を感じている人もいて、使用者の80%以上が変化を感じています。

こちらでしたら、副作用もなく、通院や血液検査なども必要ないのですぐに、治療に取り掛かれますし、何より継続しやすいです。

まずは、「自宅で出来る爪水虫のケア方法のまとめ」を見たりして、今すぐできることからでも始めて、放置せず早めの対策を心がけましょう。

コメントを残す