爪水虫(白癬菌)の治療方法

白癬菌というカビの一種が足の角質層に入り込むと症状を表し水虫になります。白癬菌は、皮膚や爪のタンパク質である「ケラチン」が大好物なので、水虫を放って置くと爪の中まで浸食していき、爪水虫になってしまいます。

爪水虫の治療法は白癬菌を死滅させることです。白癬菌を死滅させるには薬・レーザー治療が必要となりますが、日々の生活で白癬菌が嫌がる環境を作ることも大切です。

白癬菌が嫌がる環境をつくる

d95fb90f3d165b0f9266e5fa4bbe2424_s

大前提に足をキレイに保つってことが挙げられます。白癬菌は洗い流すことができますので、既に爪水虫になっている場合もこまめに洗いキレイに拭き取り乾燥させましょう。

足を洗う時は、アカスリなどでゴシゴシ洗うと足の角質層に傷がついてしまい、白癬菌の感染速度が速まってしまうので、石鹸を泡立てて手で洗うようにしましょう。

また、白癬菌は湿度が70%、温度が15℃~20℃の場所が好きなので、なるべく足をこの状況でない環境にするってことが大切です。

湿度70%以下

0d0bb011831d9cc6058f4fb39164668d_s

足の湿度を70%以下にしましょう。白癬菌の湿度の違いにより浸食スピードの違いについては『【水虫の感染時間】最短で12時間で水虫がうつる!?白癬菌の侵入速度』で詳しくお話しています。

簡単に言うと、足をなるべく乾燥させましょうってことです。通気性のいい履物(サンダルなど)を履いたり、靴下はこまめに取り換えたりすることが良いでしょう。

5%e6%9c%ac%e6%8c%87%e3%82%bd%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

また、靴下も5本指ソックスやトゥセパレーターを使用することにより、指と指の間が空くので症状が落ち着いてきている人たちもたくさんいますので効果的です。

逆に、ストッキングなどは一見通気性がよさそうですが、保湿効果があるので通気性はよくありません。その上、指と指がくっついてしまう状況が続くので白癬菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

裸足も一見通気性が良いのでいいと思いがちですが、感染する(させる)ケースが増えるので、やはり通気性の良い履物ってのが一番おすすめです。

温度が15℃~20℃

2405ef27878b078bf5a7cf56539f3b5f_s

夏「かゆい」のに冬「治る」の繰り返し。水虫は治るものだと知る』でもお話しいていますが、白癬菌は高温多湿を好みますので冬には活動が衰退し、水虫症状も落ち着きます。しかし、女性の場合は冬でもブーツを履く機会も多いので白癬菌にとってこれは環境がいいことになります。

また、季節関係なくハイヒールなども、指と指の隙間がなくなり高温多湿になりやすいので、白癬菌の活動は活発になりやすいのです。

爪水虫の治療方法

7af60530d543237dde3140023e2d614c_s

爪水虫の完治とは、爪にいる白癬菌を死滅させて新しいキレイな爪が生えてくるのを待つってことになります。白癬菌は細胞の新陳代謝よりも早いスピードで増殖するので、自然治癒力では完治することができないのです。

なので、ここまでにお話した白癬菌の嫌がる環境を作りつつ、かつ、薬やレーザーで白癬菌を死滅させる必要があります。

また、新しいキレイな爪が生えてくる間の治療が必要となりますので、基本的にはどの治療方法を選んだとしても6ヶ月~1年前後は掛かります。爪水虫の治療方法は大きく分けて、3パターンあり「飲み薬」「塗り薬」「レーザー治療」と紹介します。

飲み薬で爪水虫を治療する

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s

爪水虫の治療は、2014年前までは飲み薬での治療が一般的でした。飲み薬は今でも一番効果を表す治療方法ではありますが、デメリットとして「副作用」があります。

爪水虫と病院で診察された場合、ラミシールやイトリゾールといった薬が処方されますが、肝臓に負担を掛ける薬なので血液検査が必要になります。薬の副作用や費用については『爪水虫の薬(飲み薬)情報|効果・治療法・副作用・治療費のまとめ』で詳しくお話しています。

副作用により死亡例があるぐらいなので、気になることですね。

読売新聞2004.1.30『内服用の水虫薬投与の男性死亡』

水虫治療内服薬の副作用で死亡例、厚労省が注意喚起

水虫、たむしなどの内服薬「ラミシール錠」の副作用とみられる肝障害の死亡例があったとして、
厚生労働省は29日、販売する日本チバガイギーに対し、医師らに肝機能検査を定期的に行うなどの
患者の経過観察を徹底させるよう注意喚起した。

また、服用中は、お酒を飲まれたりすると薬の効き目が悪くなったりして、身体に負担を掛けているだけになりかねません。定期的な血液検査も必要となりますし、6ヶ月~1年も通院するのは酷なので途中で治療をやめてしまう方が多いのが現状です。

一見治ったように自分で思っても再発するケースが多く「治ったと思ってから3ヶ月は治療を続けてほしい」と色々なお医者さんが言っています。

塗り薬で爪水虫を治療する

4fdd9caab9595b38c2789af54015dbc8_s

2014年に「クレナフィン」2016年に「ルコナック」が日本でも爪水虫の治療に使えるように、塗り薬でも爪水虫を完治させることはできるようになりました。

塗り薬の場合は、飲み薬と違い「外部」から白癬菌を死滅させる方法です。飲み薬と比べると効果は低いとみられていますが、継続して治療することにより完治している人もたくさんいらっしゃいます。

以前は、塗り薬だと爪の内部まで薬が浸透しないから副作用覚悟で飲み薬に頼っている治療でしたが、今では爪の裏側まで浸透しやすいジェルなども販売されています。

レーザー治療

b2f327520995aa6406f2b38948c4b850_s

レーザー治療も副作用がなく、病院での治療も1回10分~20分なので通院は必要になるけれども、身体への負担を考えると良い方法です。

ただ、レーザー治療自体が日本で認可されていない治療方法なので、「自費」での治療となってしまいますので、経済的な負担があります。費用については、病院により違うので相場を調べたりなど、手間がかかる感じが否めません。

爪水虫の治療方法まとめ

こういったことから、副作用の心配がないのであれば、飲み薬で爪水虫を治療することが一番おすすめだと思います。ただ、通院や血液検査のための注射など、思っていたよりも敷居の高い通院になるって印象です。

塗り薬の場合は、選ぶ薬によっては手軽でおすすめです。レーザー治療の場合も、通院は必要になりますね。

飲み薬、塗り薬、レーザー治療、とどれをとっても結局治療期間は変わりませんので、ご自身のライフスタイルに合ったもので始めるのが良いと思います。そして、感染の可能性も高いですし、何より自然治癒では治りませんので、早期治療を行うように心がけましょう。

 

爪水虫におすすめ!浸透力特化型ジェル
クリアネイルショット
  • 全額返金保証あり
  • 浸透力特化型
  • 治療中のサポートあり
  • 定期購入可能

爪水虫の治療は白癬菌を死滅させることですが、爪が邪魔で有効成分が届かない薬が多いです。

クリアネイルショットは浸透力特化型のジェルで81%の方々が変化を感じています。

また、使用後の全額返金保証あり。治療中の電話相談もでき、実質リスク0で治療を始めれます。

爪水虫の長い治療期間、とても助けになります。

 

コメントは受け付けていません。