マジ!?ここにも水虫菌?爪水虫の家族がいる人へ!感染の注意点!

白癬菌が繁殖しにくい状態を維持することが重要な防衛策になります。感染を未然に防ぐために日々の生活習慣で気を付けていただきたいことをご紹介します。 【靴編】 まずは、普段の履物での注意点をお伝えします。 ビジネスシューズ 靴を8時間以上履く人のほうが水虫にかかる割合が高いと言われています。 職場ではサンダルに履きかえるなど、できるだけ足を乾燥させておいたり、靴も2日続け

続きを読む

ゲッ!たった12時間で感染!?爪水虫の感染経路を知り対処する方法!

角質層の古くなった細胞は下から新しい細胞ができるごとに、アカとなりはがれ落ちる運命にあります。 このアカは水虫の人の足から職場や家庭内の畳や床、カーペットそして公衆浴場の床やプールサイドなど撒き散らされます。 病院の体重計やスリッパ、居酒屋の畳やサンダルなど裸足になるところは、どこも油断できません。 とくにスリッパや風呂場の足拭きマットからは高い確率で白癬菌が見つ

続きを読む

「え!?これ爪水虫?」自覚症状が少なく厄介な5つの症状がこれ!

一般的に足の裏の水虫が広がって爪に及ぶときには、白癬菌は爪の先端の下部あるいわ脇から入り込みます。 そのため、その部位の角質が増殖して、爪の先が厚くなって、混濁し黄色または白色調になります。 その部分を削るともろく、ボロボロと細かい爪の破片が取れるようになります。この変化は徐々に爪の根本に広がっていきます。このタイプは「遠位側緑部爪甲下型」と呼ばれ、爪の水虫患者の9割を

続きを読む

爪水虫を自宅で治療する為の豆知識!水虫菌の弱点を知り効果的に治す!

白癬菌にも色々な種類があり、中でも足の水虫から見つかる菌は限られていて、そのほとんどがトリコフィトン・ルブルム(紅色菌)とトリコフィトン・メンタグロフィティス(趾間菌)の2種類で99パーセントを占めています。 白癬菌は人の皮膚や爪に入り込んで寄生し、かゆみや水疱、脱毛などの様々な症状を引き起こします。 通常、人間に病気を引き起こす細菌やウイルスなどと異なり、生きている細胞の中へ

続きを読む

爪水虫の原因とは!?症状を放置した場合の更なる厄介事とは!?

水虫の正体は「白癬菌(はくせんきん)」というカビ(真菌)の一種です。 白癬菌は、人の皮膚や爪・毛に入り込んで寄生し、かゆみや水疱、脱毛などさまざまな症状を引き起こします。 そして病気の発症する部位によって、病名がつけられています。 頭部白癬(別名:しらくも) 体部白癬(別名:たむし) 股部白癬(別名:いんきんたむし) 手白癬(別名:手の水虫)

続きを読む