tsumemizumushiAB

爪水虫は自然治癒では治りません。

爪水虫の対策品を使い、現在侵されている爪に潜む白癬菌を死滅させながら、新しい爪が生え変わるのを待つ必要があります。

このページでは爪水虫を完治させるまでに必要な情報を掲載しています。

足の水虫・爪水虫の症状

2017y02m26d_230656320

足以外の白癬菌による症状

photo12

爪水虫の治療法について

c978e5623072dd5efed59e1b2f426010_s

爪水虫の薬について

118038ff0e4b9413ab612f8a95aab89d_s

爪水虫・白癬菌の情報

lgf01a201310100600

【画像で比較】3つのタイプの水虫を紹介「症状の違いで異なる治療法」

水虫の治療は「寒くなった今の時期」が一番効果を発揮します。理由は原因菌である白癬菌が衰弱している為です。 詳しくは【こちら】でご確認下さい。 水虫には3つのタイプ「趾間型・小水疱型・角質増殖型」とあります。 趾間型(しかんがた):足の指の間の皮がむけるタイプ 小水疱型(しょうすいほうがた):足の裏に水ぶくれができるタイプ 角質増殖型(かくしつぞうしょくがた):足の裏が固くな

続きを読む

【ペットから感染】犬猫から水虫・しらくも・たむしはうつる!?

水虫・爪水虫などの原因菌である白癬菌は犬猫などのペットにも感染しますが、ペットから人間に水虫や爪水虫といった症状がうつるといったケースはあまりありません。 しかし、ペットから人間に白癬菌がうつりしらくも(頭部白癬)やたむし(体白癬)になるケースが多くなってきているのです。 ペットを好んで寄生する白癬菌もいる 『水虫・爪水虫の原因菌である白癬菌について|白癬菌が体に及ぼす病

続きを読む

「24時間以内に足を洗えば感染しない」水虫・爪水虫の感染予防

水虫・爪水虫の原因である白癬菌の感染力は決して強いとは言えません。空気感染もしませんし、触ったらすぐに水虫になる訳でもありません。 水虫・爪水虫の人が落としたアカの中にいる白癬菌を踏んだとしても、その足にすぐ水虫症状が現れる訳ではないのです。 では、足に付いた白癬菌をどうすればいいのか?それが今回お伝えする「足を洗う」ってことなのです。 24時間以内に足を洗えば感染しない

続きを読む

水虫や爪水虫なぜうつる!?空気感染はしないが家庭内感染が多い理由

水虫や爪水虫がうつる原因は、白癬菌というカビの一種によるものです。白癬菌は風邪などのウィルス・細菌といったものではありませんので空気感染をすることはありません。 洗い流すこともできるので、家族に水虫・爪水虫の方がいたとしても、洗濯ものを分ける必要もありません。また、水虫・爪水虫の人の患部を触ってしまったからといってすぐに感染するものでもありません。 とはいえ、家庭内での感染が一

続きを読む

【水虫の感染時間】最短で12時間で水虫がうつる!?白癬菌の侵入速度

水虫や爪水虫の原因は、白癬菌というカビの一種です。水虫や爪水虫の人が落としたアカの中に白癬菌は潜んでいて、このアカが足に付くことにより水虫症状へと進みます。 では、白癬菌が足についてからどのくらいの時間で水虫がうつるのでしょうか。 通常24時間、最短で12時間で水虫はうつる 足の角質層に白癬菌が入り込むことにより水虫の症状になります。また、この白癬菌が爪の中に入り込むこと

続きを読む

【水虫・爪水虫がうつる理由】父が1年前に落としたアカから感染!?

水虫・爪水虫がうつる理由は、水虫・爪水虫の人が落としたアカを踏むことから始まります。アカの中にいる水虫菌(白癬菌)が「足の角質層に入ってくることが原因」です。 今回は人間が落とすアカと白癬菌についてお話したいと思います。 こうしてアカは落ちている 角質層の中で古くなった細胞は、下からやってくる新しい細胞に押し出されて、アカとなり剥がれ落ちていきます。この働きが皮膚の新陳代

続きを読む

水虫・爪水虫の原因菌である白癬菌について|白癬菌が体に及ぼす病気

水虫・爪水虫の原因は、白癬菌というカビ(真菌)の一種です。 実は白癬菌にも種類があって、足の水虫から見つかる菌は限られていて「トリコフィトン・ルブルム(紅色菌)」と「トリコフィトン・メンタグロフィテス(趾間菌)」の2種類で99%以上を占めているのです。 白癬菌は足以外にも寄生する 白癬菌は足だけでなく人間の皮膚・爪・毛などに入り込み、かゆみ・水疱・脱毛などの様々な症状を引き起こし

続きを読む

水虫・爪水虫が治っても再発することが多い2つの理由

水虫や爪水虫が治ったと思いきや再発することは多いに考えられます。 しかし、一言に「再発」といっても2種類のパターンが考えられますので、今回は「水虫・爪水虫が治っても再発することが多い2つの理由」としてお話させていただきます。 1.実は治っていなかった 水虫・爪水虫の原因菌である白癬菌は、高温多湿を好む傾向がありますので、冬になると水虫・爪水虫は落ち着きます。これは白癬菌が寒くて乾

続きを読む

通院しても水虫が治らない場合|病院で意外に多い水虫・爪水虫の誤診

水虫・爪水虫の症状が出ているので病院に通っているが一向に症状がよくならない場合、病院での誤診を疑うことも必要です。 病院に行けば絶対大丈夫って思いが皆さんあると思いますが、水虫や爪水虫の場合は意外に誤診が多いと、皮膚科の専門医の方も言っているぐらいなのです。 水虫の場合は3ヶ月~6ヶ月、爪水虫の場合は6ヶ月前後経っても一向に症状が変わらない場合は、以下のことに注意してください。

続きを読む