【爪水虫の治療】「評判のいい病院の探し方」と「無責任な皮膚科」

今回は爪水虫を治療する上での病院(皮膚科)の探し方についてお話します。病院なんてどこも一緒でしょ?と思うかもしれませんが、爪水虫の治療の場合は専門医がいる皮膚科を探すことが大切です。

その理由などをお伝えしていきたいと思います。

顕微鏡検査をしない医者は信用できない

e02ba6c87410c744feb35829eb3067a2_s

皮膚科の専門医の方が言っていた話ですが、待合室の壁に「水虫の薬あります」など書いてある内科の医院などでは、診察時に「水虫になってしまいました」と伝えると顕微鏡検査をせずに「薬を出しておきます」と言われ診察が終わるケースがあるようです。

水虫の見分け方』でお話している通り、水虫も爪水虫も目で見ただけで判断するのは難しいです。水虫や爪水虫と判断する場合は、顕微鏡検査をして幹部に白癬菌がいることを確認しないといけません。

こういった検査なしで水虫・爪水虫と診断される場合は、その診断・処方は信用できないものだと思ってください。

皮膚科だからといって安心できない理由

83cdfa7c10c0f40f48f1da1510c6da2d_s

全国の大学皮膚科教室や皮膚科医会の会員へのアンケート結果によると、「顕微鏡検査を面倒がって、ないがしらにしている皮膚科医」が少なくないようです。

大学病院の皮膚科でさえ、水虫・爪水虫の診断に顕微鏡検査を必ず行なっている状況ではなく、市中病院や診療所では、顕微鏡検査をせずに水虫・爪水虫と診断する事が多いのです。

病院に行って診察をして処方された薬を使用しているけど、一向に治らないってケースの場合はこういったことを疑った方がいいですね。また、爪水虫の飲み薬には強い副作用がありますので、誤診でこういった薬を処方されて飲みたくはないものです。

皮膚科の専門でなくても皮膚科の看板を出せる

OZP73_kensakekkawosetumeisuru20140321_TP_V

これはビックリしましたが、実は日本には「自由標榜制」という制度があり、麻酔科以外だったら専門的に学んでいない医者でも(全く経験がなくても)何科の看板を出してもいいことになっているのです。

皮膚科だから安心と思っても、実は皮膚科をまったく学んでいない医者の可能性もあるってことです。しかし「そんな医者はいないだろう」と思いますが、実際に顕微鏡検査をしないで水虫・爪水虫と診断する医者はいるので注意が必要ですね。

また、何科であろうとある程度の責任を持って診察をするためには、5年~6年の研修が必要とされているとも言われています。

専門医のいる皮膚科の探し方

gatag-00011011

近所の皮膚科の看板などを見て「皮膚科専門医」と明記されている場合は、その皮膚科には専門医がいると判断できます。

これは、2002年4月の医療法改正に伴って、専門医制度の下に適正試験を受けて認定された医師のみが、看板に専門医と明記してよいことになりました。

日本皮膚科学会では「認定された指導医の下で5年以上にわたる一定のトレーニングを積み、かつ専門医としての知識と技量が備わったと認められる医師」にのみ専門医としての認定書を発行しています。

皮膚科専門医を探すには、日本皮膚科学会のサイトから探すことができます。

2017y03m24d_214301207

⇒皮膚科専門医MAP

病院に行っているのに水虫・爪水虫がなかなか治らないって場合には、今回の様なケースも考えられるので、専門医を探して顕微鏡検査から調べなおしてもらうのがいいかもしれません。

コメントを残す