「爪水虫患者の割合」と「日常生活での支障」|爪水虫患者4000人調査

日本では1200万人の爪水虫患者がいるといった調査結果があり、これは日本人の10人に1人は爪水虫だという数値なのです。また、この調査では60歳以上の高齢者では5人に2人は爪水虫だと言うことが分かっています。

今回は爪水虫が発症している方の年齢層や、日常生活でどのような支障があるのかについてみていきたいと思います。

また、身近な人が感染していて治さないでいる場合は【事前の対応策】が必要です。

爪水虫にかかっている方の年齢別の割合

image (5)

  • 19~30歳:3.5%
  • 31~39歳:5.5%
  • 40~49歳:14.8%
  • 50~59歳:22.3%
  • 60~100歳:40.4%

爪水虫は水虫の末期症状と言われていて、水虫を治療せず放置していると爪にまで感染してしまうケースが多いです。また、爪水虫の症状は、爪がボロボロになり黄色・白色に変色したりと一見老化現象とも思える症状が多いので、高齢者の方のが放置してしまいがちです。

他にも、10年以上前までは「爪水虫は治らない」ですとか「爪に水虫?出来る訳がない」とされていた時代もあるので、高齢の方は若者よりも爪水虫を放置してしまう方が多いのではないでしょうか。

とはいえ、爪水虫は感染します。こういったことから高齢者の方だけではなく、最近は若者でも爪水虫に悩まされている方はかなりいらっしゃります。

爪水虫の症状(変色・変形)による日常生活での支障

image (6)

  • 人目が気になる:46%
  • 靴下が駄目になる:17%
  • 違和感がある:17%
  • おさえると痛い:16%
  • 靴が履きにくい:8%
  • 細かい作業がしづらい:6%
  • 力が入らない:3%
  • 特に支障なし:44%
  • その他:8%

この様に4000人以上の爪水虫患者さんへのアンケート調査の結果では、7割近くの方が支障があると言われています。足の爪が変形すると靴下に引っかかったり、今まで履けていた靴が履きづらくなったり、歩いていると痛みを感じたりと様々な影響があります。

手の爪の場合は、力仕事をしている場合や、細かい作業をしている場合に支障があります。また爪を切りづらかったり、手は色々な所を触るので人にうつしてしまう心配も足以上にあります。

しかし、1番多かった悩みは「見た目」でした。最近は高齢者だけでなく若者でも爪水虫が発症しいているケースが多く、美容上の問題で人目が気になるといった回答が多かったのです。

爪の異常については女性のが気づくのが早い傾向があり、ネイルサロンに行けないなどの悩みを抱えている方もかなりいらっしゃいました。また、サンダルやミュールを履く季節には、爪がボロボロで恥ずかしいって回答もありました。

こういったことで仕事や趣味が消極的になっていくのは嫌ですし、なにより人にうつす心配があるのが問題ですね。

水虫・爪水虫はうつる

gf01a201503180900

若者でも水虫・爪水虫の症状が増えている理由は、生活習慣など色々とありますが、その一つとして家族からの感染が挙げられます。

水虫も爪水虫も原因は白癬菌というカビの一種で、人が落としたアカの中で生息しいているので、このアカを踏んでしまったり身体に付着したことにより、症状が出てきます。

一昔前までは、日本では水虫・爪水虫はありませんでしたが、文明開化の時代に靴を輸入するようになりここまで広がってしまった病気なので、自分が水虫・爪水虫だと気づいた時には家族にうつさない為にも早期治療が望ましいです。

爪水虫におすすめ!浸透力特化型ジェル
クリアネイルショット
  • 全額返金保証あり
  • 浸透力特化型
  • 治療中のサポートあり
  • 定期購入可能

爪水虫を治さないと、足の水虫は完治しません。水虫と違い爪水虫の治療には、殺菌力+浸透力(爪の内側への)が必要です。

クリアネイルショットは浸透力特化型のジェルで81%の方々が変化を感じています。

また、使用後の全額返金保証あり。治療中の電話相談もでき、実質リスク0で治療を始めれます。

 

コメントを残す